停電時にEVから業務用負荷にも電源供給可能なV2B充放電器のラインナップを追加

停電時にEVから業務用負荷にも電源供給可能な
V2B充放電器のラインナップを追加
~自治体や法人のEVを災害時のレジリエンス強化に活用~

Energy Techの株式会社REXEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 健、以下「REXEV」)は、自治体・法人向けBCP対策※1ニーズへの新たなソリューションの一環として、災害時に電気自動車(以下「EV」)から空調やエレベーター等へ給電できるV2B*2運用を可能とする充電器をサービスラインナップに追加しました。

近年、レジリエンス強化の観点から、自治体や法人においてのBCP整備が急務となっております。REXEVは小田原・箱根を中心としたEVカーシェアサービスeemo(イーモ)や東京都東久留米市「再生可能エネルギー等を活用した非常用電源確保事業※3」等、EVを車両利用やエネルギーマネジメントに活用しながら電力のレジリエンス強化に活用する取り組みを積極的に実施して参りました。

今回、REXEVが追加する充電器ラインナップは、災害時に空調やエレベーター、給水ポンプといった業務用負荷への給電が可能なモデルであり、自治体や法人のBCPでこれまで以上にEVを幅広く電源として活用が可能となります。また、平常時はREXEVのeモビリティマネジメントプラットフォーム(eMMP)※4と連携することで、車両利用に加えて、事業サイトの電力ピーク制御から再生可能エネルギーの優先給電、バーチャル・パワープラントとしての運用も可能となり、BCPとして組み入れたEVの効率利用を可能にします。

<今回のV2B充放電器の特徴>

  • 最大10kWまでの業務用負荷が災害時に利用可能
  • PVを10kWまで連携することで停電時にEVを充電可能
  • eMMP導入によりEVを移動、エネルギーとして有効活用できる

V2B災害時運用のイメージ

REXEVは今後も、EV及びその車載バッテリーを活用した新たなエネルギーマネジメントの先駆者としてEV普及を推進し、カーボンニュートラル社会の実現へ邁進します。

※1 BCP:事業継続計画(Business Continuity Plan)の略
企業が自然災害などの緊急事態下において、事業資産の損害を最小限にとどめ、事業の継続・早期復旧を可能とするため、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続手段などを取り決めておく計画のこと。
※2 V2B:「Vehicle to Building」の略
自動車とビルの間で電力相互供給する技術やシステム。
※3 参考:東久留米市との取り組みに関する当社ニュースリリース
https://rexev.co.jp/content/wp-content/uploads/2021/03/REXEV_20210331.pdf
※4 REXEVが構築するe モビリティマネジメントプラットフォーム(下記ご参照)
https://rexev.co.jp/content/wp-content/uploads/2021/03/REXEV_20210302.pdf

<今回追加する充放電器の主な仕様>