SERVICE eモビリティマネジメントプラットフォーム
提供サービス

Top Service eモビリティマネジメントプラットフォーム提供サービス

REXEV独自システムであるeMMPは
様々なサービス提供事業者のシステムと連携することで
eモビリティのエネルギーと交通における課題を解決します。

eMMP(eモビリティマネジメントプラットフォーム)は、
「カーシェア/車両管理」と「エネルギーマネジメント」を組み合わせたシステムと
車両や充電器に設置した「IoT デバイス」が連携した国内初の統合型のプラットフォームです。

eMMPの詳細、協業検討をご希望の方は
お気軽にお問合せください

eMMPの特徴

eMMPはeモビリティを、「移動する価値」、「蓄電池の価値」2つの切り口から捉えて設計しています。
車としての利用を効率化するためのスマートチャージ機能、電気料金を抑制するためのエネルギーマネジメント機能のほか、
災害時の非常用電源として活用するレジリエンスの強化も支援します。
車両管理システム
  • スマホ、PCからいつでも車両予約ができる
  • スマホから車の解錠施錠が可能なバーチャルキー機能(鍵の管理からの解放)
  • 予約状況はPCの管理画面から確認可能
  • 予約管理機能により効率的な車両台数で運用
  • 緊急時には電源車として利用可能
エネルギーマネジメントシステム
  • 電力料金上昇を防ぐ充放電制御
  • 車両利用時に必要な充電量を確保するスマートチャージ
  • 太陽光余剰発電を優先充電、ムダのないエネルギー利用へ

VPP(仮想発電所)としてeモビリティの価値を向上

「2050年カーボンニュートラル社会」の実現に向けて、太陽光や風力を中心とした再生可能エネルギーの普及が進んでいます。
その一方で、自然由来の再生可能エネルギー割合が増えてくると、天候や季節に発電量が左右されてしまうという課題が挙げられます。
今と変わらない安定した電力供給を目指すためには、電力の需給を一致させるための電力(=調整力)が必要となってきます。
REXEVはEVの車載バッテリーを遠隔制御し、この調整力の役割を持たせるためにサービスを作っています。
EVを今まで通り移動手段として使う一方で、駐車中は調整力として活用することで再生可能エネルギーの普及に貢献します。
再生可能エネルギー普及に
必要な「調整力」
仮想発電所とEV
仮想発電所(VPP)とは、太陽光や蓄電池、EV等といったエネルギーリソースをIoTを活用した高度な技術によりこれらを束ね、
電力の需給バランス調整に活用する仕組みです。

eMMPの詳細、協業検討をご希望の方は
お気軽にお問合せください

 

資料ダウンロード

お役立ち資料を無料で配信中

ご相談・お問い合わせ

お悩みや不明点はこちら

オンライン商談

最適なプランをご提案します