南大沢エリアで環境にやさしい電気自動車カーシェアリングを開始

南大沢エリアで環境にやさしい電気自動車カーシェアリングを開始
~電気自動車の無料体験キャンペーン実施!~

Energy Techの株式会社REXEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 健、以下「REXEV」)が運営する、電気自動車(以下「EV」)に特化したカーシェアサービスのeemo(イーモ)は、2022年4月1日から新たに東京都八王子市南大沢エリアにステーションを開設します。新規開設に伴い、初めてeemoをご利用の方に限りEVの乗り心地を無料(6時間相当)で体験いただけるキャンペーンを実施します。また、EVに関する意識調査へご協力いただいた方にはさらに2回目以降もお使いいただける3時間相当の無料チケットも配布します。

本取り組みは東京都「地域における再エネシェアリング推進事業」の一環で実施しており、東京都が掲げる「ゼロエミッション東京」の実現に貢献します。
東京都は2050年ゼロエミッション東京の実現に向け、都内で新車販売される乗用車を2030年までに100%非ガソリン化することを目指しており、今後EVの導入が急速に進むことが予想されます。REXEVでは、EVの急拡大によって生じる電力の課題を解決しながらEVのポテンシャルを最大限活用していくEV導入支援事業を通じて、EVの導入拡大とCO2排出量削減に貢献して参ります。

■新たに開設するステーション
1.パオレステーション
住所:東京都八王子市南大沢2丁目2-2 パオレビル3F
台数:日産リーフ2台

​2.コーシャハイム南大沢ステーション
住所:東京都八王子市南大沢3丁目9-3
台数:日産リーフ1台

■EVの無料体験
車両のご予約時に、以下の特設ページに掲載されているプロモーションコードを入力することでご利用いただけます。なお、事前のeemoへのご入会が必要です。
eemo南大沢エリア特設ページ:https://www.eemo-share.jp/minamiosawa-lp/

■eemoについて
eemoは、REXEVがEVと再生可能エネルギーの普及を目指して2020年6月に開始した、EV特化型のカーシェアリングサービスです。小田原・箱根を中心として47台が稼働しており、充電される電気の多くは地産の再生可能エネルギーが使われています。カーシェアとしてEVを貸し出す一方、貸し出されていないEVは電力の需給調整等に活用しています。小田原市とは防災に関する協定を結び、災害時にはEVを非常用電源として利用し、避難所等での電力供給を無償で行います。また、通勤や買い物、観光などwithコロナ社会の移動手段としても安心してご利用頂けるよう、全車に除菌スプレーや使い捨て手袋等を常備しています。
eemoサービスサイト:https://www.eemo-share.jp/

■地域における再エネシェアリング推進事業について

地域における再エネシェアリング(イメージ) ※出典:東京都環境局ホームページより

東京都は、2050年までに、CO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロエミッション東京」の実現を目指すため、2019年12月に「ゼロエミッション東京戦略」を策定・公表しました。その実現に向けた取り組みの一つとして、地域に再生可能エネルギー発電設備等を導入するとともに、地域の再エネ電力を無駄なく利用するために、太陽光発電、蓄電池、再エネ由来水素設備、EV等を遠隔統括制御などにより最適な需給調整を行う、「地域における再エネシェアリング推進事業」を実施しています。
特設ページ:https://re-sharing.jp/