コスモ石油マーケティング株式会社との業務提携について

株式会社REXEV(レクシヴ:本社 東京都千代田区 代表取締役社長:渡部健)は、コスモ石油マーケティング株式会社(代表取締役社長:森山 幸二)と再生可能エネルギー(以下「再エネ」)と電気自動車(以下「EV」)を最大限活用し、利便性・経済性の高い脱炭素支援サービスを提供するため、業務提携契約(以下「本提携」)を締結したことをお知らせいたします。レクシヴは、カーボン・ニュートラル社会の実現を目指し、再エネと電気自動車を掛け合わせるEnergy Techの先駆者として、電気自動車の普及促進と電気自動車の車載バッテリーを活用した新たなエネルギー・マネジメントを推し進めます。

 

当社は「全ての人が限界費用ゼロで移動できる持続可能な社会インフラの実現」をビジョンに掲げ、再エネを利⽤したe-モビリティの普及、⾃動運転技術を利⽤したe-モビリティによる新しい移動サービスの創造と普及、地域資源を⽣かした移動サービスプラットフォームの提供による地域循環共⽣社会の構築を目指しております。当社が開発したEVの車両管理・電力マネジメント・カーシェアシステムを統合したeモビリティマネジメントプラットフォーム(商品名「eMMP」)は、移動とエネルギー・マネジメント両方の最適化を考えた国内初の統合型プラットフォームであり、通常の車両管理やカーシェアに必要な機能に加え、EVの課題である電力料金の上昇を抑える車両ごとのスマートな充放電管理、再エネを優先した充電制御、様々な条件でのEVからの給電制御などを車としての利便性を損なわずに実現し、EVの価値を最大限に引き出すことが可能です。

 

コスモエネルギーグループは、風力発電事業を中心とした再生可能エネルギー事業の強化をはじめ、脱炭素社会の到来を見据えた取組みを進めています。同グループでは、電力小売事業を通じて家庭やオフィス・工場、自治体施設、系列サービスステーション等へ、グループの風力発電由来の実質再エネ電力を販売するとともに、モビリティ分野においては、従来から取り組んできたカーリース事業にEVを積極的に取り入れ、より気軽にできるEVカーシェアの提供も推進しています。また、2021年9月に「コスモ・ゼロカボソリューション」を販売開始し、法人や自治体の皆さまの再エネとEVの導入、それによる脱炭素化をワンストップで支援する取組みを推進しています。

 

本提携により、両社は、脱炭素化に向け取り組む法人・自治体の皆さまへ、利便性・経済性の高い再エネとEVの導入/利用機会を提供してまいります。当社のeMMP等のアセットとコスモ石油マーケティング株式会社の車両調達・メンテナンスのスキームやカーシェア事業の運営体制等のアセットとを掛け合わせ、コスモ・ゼロカボソリューションの付加価値を更に高めて提供していくとともに、EVに風力由来の夜間の余剰電力を蓄電するなど、EVを夜間の調整力として活用する取り組みも検討してまいります。
具体的には、以下の協業領域を中心に包括的に提携し、両社で脱炭素支援サービスを提供することで、環境負荷の低いモビリティ社会ならびに地域循環共生社会の実現をめざしてまいります。

【主な協業領域】

  • コスモ・ゼロカボソリューションのEVカーシェアにおけるeMMP等REXEV社カーシェアシステム・エネルギー・マネジメントシステムの導入
  • コスモMyカーリースの車両調達力を活かしたREXEV社へのリーズナブルな車両提供
  • 全国のコスモサービスステーションネットワークでのカーシェア車両メンテナンス・自動車貸渡事業の引き受け体制の構築
  • 相互の販売活動の情報共有・連携検討、その他両社の事業基盤を活用した更なる協業の検討