電気自動車カーシェアリング「eemo(イーモ)」で小田原市のSDGs体感事業「おだちん」が使えるようになります

~eemoご利用を通じたSDGsへの貢献を感謝して250コインをプレゼント~

電気自動車(以下、EV)を使ったカーシェアリング並びにエネルギーマネジメントに取り組む株式会社REXEV(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部健、以下、REXEV)は、2020年11月17日より、小田原・箱根の電気自動車カーシェアリング「eemo(※1)」の小田原市内18か所のステーションを、神奈川県小田原市(市長:守屋輝彦、以下、小田原市)がSDGs体感事業として実施する「おだちん」のスポットとして登録いたしました。

電気自動車カーシェアリング「eemo(イーモ)」で、小田原市のSDGs体感事業「おだちん」が使えるようになります