福島県にてEVエネルギーマネジメントシステムの開発と実証試験を実施

 電気自動車(以下、EV)を使ったカーシェアリング並びにエネルギーマネジメントに取り組む株式会社REXEV(本店:東京都豊島区、代表取締役社長:渡部健)は、この度、EVエネルギーマネジメントシステムを開発し、再生可能エネルギーを有効活用するEVのエネルギーマネジメントの実証試験を実施しましたのでご報告いたします。 
 当社は2019年6月より、福島県が実施する「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」の採択を受け、EVエネルギーマネジメントシステムの開発を進めておりましたが、2020年2月に開発が完了し、会津電力株式会社(本社:福島県喜多方市、代表取締役社長:山田純)の協力のもと実証試験を実施しました。本試験により、①再生可能エネルギーを優先的にEVへ充電すること、②施設の電力需要抑制のためのピーク回避のための制御、③災害時(停電時)に、太陽光発電設備の再起動並びにEVへの充電等の機能の有効性を確認し、再生可能エネルギーとEVを活用した環境性、防災機能の向上を図るしくみを実現しました。
 今後、AIの導入や適用領域の拡大を進め、福島県内外のEVシェアカー事業者やバス事業者等へのシステム導入を推進して参ります。

福島県にてEVエネルギーマネジメントシステムの開発と実証試験を実施